100000t alonetoco.

100000tアローントコ は、京都にある、古本・中古レコード・CDなど屋です。何気に高価買取り、やってます。Vinyl Records , Used CDs , Second Hand Books . Shop in Kyoto Japan

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

連載★ アリモトくんの、そんなこんな旅日記 4

クロスビーとスティルスとナッシュとヤングとオレ。CSN&YO!
こんにちは、100000t店員、とか言いながらGRAHAM NASHのソロばかり聴いてる方、です。
連休中日は大人の日だぜ~。


アリモトくんの旅は続いていました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


山谷の純喫茶エールにて、昨日を想起す。

池袋の小屋にて観劇。
特別な踊り子さんの特別な演目、「梅と鶯」との再会。

梅の木をモチーフにした絢爛な着物での優美な日舞から、鶯を模した衣装での軽やかな舞につなぐ。

柔和な身体動作、情感のある表情が心のデリケートな部分に触れる。まるで音楽のフレーズのよう。
身体動作でも、このような感情が去来する。ストリップにより開拓された僕の感覚の新たな地平。

ストリップは脱衣舞。でも脱ぐ前から勝負は決まっている。
自分にとっての名作は最初の段階から、世界に引き込まれる。音楽と同じなんだ。

AメロBメロときてサビへ。ベットショー。薄い衣装を一枚まとい、
盆やデベソと呼ばれるステージから突き出した領域に寝そべり艶かしく身体をくねらせる。
そして、クライマックスは、盆における自慰行為。
感情がこぼれおちてくるような名演技。表情、喘ぎ声、音楽と照明が一体となり、
美しいひとつの作品と化す。

以前、かぶりつきで観た時は、その世界が被さってきて、圧倒され、魅入られた。
何かがこみ上げてきて泣きそうになった。
もはや肉欲など微塵も感じなくて。
情があるエロスは感動するのだ。これもストリップに気づかされた。
生きる行為の最たるものだからかな。

かつてスターと呼ばれた踊り子さんは、オナニーベットに秀でていたらしい。
オナニーベットはストリップの真髄なのかもしれない。

また、かぶりつきで、かぶりついて、その世界をかぶりたい。でも、かぶりつきは本当に危険。
でも、かぶりつきでないと、もう満足できない。

これで、計6回観たことになる。名作は何度みてもよいものだ。
でも、六感で感じる(嗅覚、味覚、触覚までも!)ストリップは現代の技術では記録できない。
1回のライブで1曲しかやらない。新作も作る。東京の方。多分もう一生観れないだろう。

あんなに観たのに、脳内に残るのはイメージの断片のみ。儚い夢のよう。
音楽だったら何度も聞いて、自分の頭にその世界を構築して脳内で再生できるようにまでなる。
それができないのが哀しい。

旅は終焉に向う。徐々に寂しさがまとわりついてくる。
怒涛の3連ストリップ。ファイナルは渋谷の道頓堀劇場へ。

IMG_9447_convert_20110506135614[1]

池袋の小屋を発ち、西荻窪へ。カルロス氏による酒場案内アゲイン。
ありがたい。憧れつづけた中央線沿線。

続々登場する素敵な酒場と魅力的な人物。杯を重ねることに、脳の記録機能が停止していく。
ほとんど何も覚えていない迷惑行為がなかったか不安を覚える。
でも、勝手ながら、楽しい夢のような空気感は残ってる。

いたるところで、ストリップの広報活動をしてたような。
隣の英国人に英国ブリストルのRachael Daddさんの音楽の素晴らしさを、酔壊れ英会話で力説したような。

以前ストリップ映画特集を企画した映画館で、頼みこんでそのチラシをいただいた。
これは覚えてる。素敵なスタッフの方、ありがとう。

いずれも、頭で考えてやったことじゃない。
それだけに自分で自分の頭を疑う。
ヒト心、一皮むけば 奥深し。

帰りの電車で脳の機能が復旧し始める。
前にいる兄ちゃん二人と話す。酔人の直感、こいつら話せると。

なんとか宿のある駅にたどり着く。真っ直ぐ歩けない。こすりこすり歩く。
しばらく彷徨いたい気分、飲みの上塗りしたい気分。ドヤ街の深部まで酒を求め歩く。
でも、店は全閉まり。

ここで、初の職務質問にあう。客観視して、まあ当然か。
酔いとは恐ろしく、お上に緩くだけど絡む。
何でも調べてください。どうぞどうぞ。
免許証見せただけで、僕の何がわかるんですか?

職務質問は誰も幸せにしないのではないかと思った。コンセプトに賛同できない。

でも末端の組織員に言っても仕方ない。
自分の意識だけじゃないから。組織の意思。複雑で見えない意思。会社でもそうやし。

宿に戻る途中で酒場の自販機で酒をあおる。
するとドヤ街の軽々しく触れてはならない光景が真横に現れた。山谷のブルース。
ブルースには詳しくないが、おそらくこれが真のブルースなのだろう。
惹かれるけど話しかける資格は僕にはない。できるのはただ空気を感じることだけだ。

宿に戻り、数秒でダウン。オーバーオールでご就寝。
スポンサーサイト
  1. 2011/05/06(金) 14:18:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<連載★ アリモトくんの、そんなこんな旅日記 5 | ホーム | もやっチャイ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://100000t.blog24.fc2.com/tb.php/1021-a63c3eb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

100000t alonetoco.

Author:100000t alonetoco.
ジュウマントン・アローントコ

レコード・CD・古本、ほか、高価買取致します。
ジャンル、量、無制限です。


京都市中京区寺町御池上がる
上本能寺前町485
モーリスビル2F (京都市役所西側)

12〜20時営業 ほぼ年中無休

TEL 090-9877-7384(カジ)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

新入荷 (197)
未分類 (714)

検索フォーム

月別アーカイブ

最新コメント

Translation(自動翻訳)

English
中文(简体)
中文(繁體)
한국어
Française
Deutsch
Italiano
Española
Portuguesa
Produced by 株式会社バックボーン
Powed by ウィンドウズの玉手箱

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。